読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのセクハラ事例

セクハラ事例紹介サイト

「抱いてもいいか?」と耳元で囁かれました

抱きついてくる

仕事でミスをしたとき、「これは大変なことをしてしまった!」と、すごく焦りました。今すぐにミスを訂正して、正しくやり直さなくては、大変なことになると思った私がその作業に没頭していたとき、上司が黙ってその作業を手伝ってくれました。

いつもなら、怒鳴られるところなのに、文句のひとつも言わず、「時間がないから、手分けして早く終わらせよう!」と言いながら、パッパと作業をこなす上司を見て、驚きました。私がこれまでの上司に抱いていたイメージを自分の中から払拭しなければならないと反省してしまうほどでした。

会議室のテーブルにいっぱい広がった書類が綺麗にまとまり、作業が終わって、(これで解決か、間に合ってよかった)と思った時、横を見ると、やたらと無駄に上司との距離が近いことに気づきました。なんだか嫌な予感がしたのですが、私は、「ありがとうございました。」と毅然とした大きな声で上司に御礼を言って、書類を抱えて会議室を出ようとしました。

するとその時に、上司に腕をつかまれて、体を引き戻されました。びっくりしていると、上司はギラギラとした目で私を食い入るように見つめながら、「抱いてもいいか?」と、耳元で囁きました。昼間の会議室で、何を考えているんだろう?この人は?・・・と呆れました。

私は、思わず、「そこのカメラに映っていますよ!」と、部屋の隅のほうを指差しました。

すると上司は、「えっ?」と驚いて、「何処?何処?カメラなんてついているの?」と慌てていました。

カメラはもちろん嘘ですが、私は「撮られたんじゃないですかね」と、つぶやいて部屋を出ました。