みんなのセクハラ事例

セクハラ事例紹介サイト

会議で「しゃぶれ」と言われた私

会社をやめ、ある仕事でフリーランスになりました。

その仕事はフリーの人が多いので、みなさん才能があり、コンサバティブな考え方などないように感じました。

だけど、その考えは全く違っていたことをすぐに知りました。

フリーランスゆえ、次の仕事を手に入れるために人間関係を大切にします。

そして、その大切の仕方が度を越しているというか、気に入られるために何でもやる、

というような人がけっこういるのだと知ったのです。

その仕事は98パーセント男性といってもいいほどの男性社会で、男性が新人女性の体を触るなんて日常茶飯事でした。

触られた女性の方も「やめてくださいよ」と笑いながらかわしていましたが、女性同士で話をしていると

「仕事のために我慢している」と言っていました。

そのセクハラしている男性が権力者だと誰もが見て見ぬふりです。特に男性は次の仕事がほしいので、絶対に注意なんてしません。

私はうまくすり抜けていましたが、ある日、年配の男性に「仕事ほしいならしゃぶれ」とみんなの前で言われました。

飲み会とかそんな場ではなく、会議の場でです。

そこにいた男性たちはどっと笑い声を上げて、私に発言した年配の男性は笑いをとったことで得意げになっていました。

しかし、その発言がユーモアだと私には思えないのです。

ものすごく不快な気持ちになり、会社をやめてまでやりたいと思っていた仕事に対する意欲まで失くしそうになりました。

今は仕事仲間の女性たちと励まし合ったり、セクハラから逃れる方法など話し合ったりしています。

きっとこの道で名を上げれば、男性により嫌がらせもなくなるのだと信じ、今はひたすらがんばるだけです。