読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのセクハラ事例

セクハラ事例紹介サイト

ホテルに誘われて以来、男性恐怖症になりました

20代前半の頃に勤めていた会社で、同じ部署の上司からセクハラを受けました。

その部署は私の他にも数名女性がいましたし、私よりも美人な人もいましたが何故か一番地味な私がターゲットになってしまいました。

最初に上司から受けたセクハラは、新歓の席です。

私の他にもいた新入社員何名かと上司や先輩方と、ある居酒屋で歓迎会が開かれました。

お酒を少し飲み美味しいご馳走も食べて、同僚や先輩と話しもして凄く楽しい席でしたし、その時までは上司も普通の人で特にセクハラ等もありませんでした。

でも私がトイレに立った時の事です、用を済ましてさてまた戻ろうかとトイレのドアを開けるとそこに件の上司が変な笑みを浮かべながら立っていました。

その居酒屋のトイレは男女別に分かれているので上司がトイレが空くのを待っていたはずありません。

でもその時は特に不信に思わず、上司も丁度トイレに来たのかな?と思って「すみません先に戻りますね」と声をかけて皆の所へ戻ろうと上司の横を通りました。

するといきなり腕を掴まれて「何か匂いするね、今日は生理なの?僕がタンポン取り替えてあげようか」と耳元で囁かれてお尻を触られました。

確かにその時生理中で、でも何でそんな事上司に言われないといけないのか、何故知ってるのかと混乱しつつも気持ち悪かったので

「やめてください」とちょっと強めに言って急いで他の人がいる場所へ戻りました。

その後は上司もおかしい所が無く歓迎会は終わりましたが、その翌日から周りに人がいない隙を狙って上司が「メアド教えてよ、ホテル行こう」だとか

「今日はどんな下着なの?見せないと辞めさせるよ」とセクハラ発言をしたり胸やお尻を触ってくるようになりました。

その度にやめるように言ったりなるべく上司と鉢合わせしないようにしていましたが、いきなり後ろから抱き付いてきてトイレに引きづりこまれそうになった時にやっと、「こいつには何を言ってもダメだ、辞めてでも逃げないと」という考えが頭に浮かびました。

そして大声を出して通りかかった社員に助けられましたが、その後も部長や専務らと何度も話し合いをしたり私が誘ったと変な噂が流れたり、

男性社員が近くにいると震えて涙が出てしまったりと仕事が出来なくなったので退職してしまいました。

あの日以来、男性が怖くて仕方ありません。

電車やバスに乗っていたり街中で男性が後ろを歩いているだけでも震えてしまいます。