みんなのセクハラ事例

セクハラ事例紹介サイト

何カップと聞かれました

私が派遣社員として勤務していた大手企業でのセクハラ話です。

制服のない会社だったので私服で通勤していました。

いくら私服といっても節度を守ったオフィスカジュアルで毎日勤務していました。

会社の入ってるビルのあるワンフロアが休憩所になっていて、そのビルで勤務している人たちがお昼休みや休憩に利用しているところがあったんです。

私はお昼休みそこでお弁当を食べてました。

すると同じ会社の定年近い営業の男性が「やあ」と声をかけて私の向かいの席に座りました。

その男性は部署は違いますが、同じフロアの隣のしまで業務をしていたので、挨拶やちょっとした世間話も以前からしていました。

その男性社員が話しているうちに「おっぱい何カップあるの?」などと下品な話を始めました。

私は内心、はぁ?と思いましたが、派遣社員であることと目上の人であるという理由から何も答えずに苦笑いでスルーするしかありませんでした。

でもその日をきっかけに何度も何度も胸の話をしてきます。

私は特に胸が大きいというわけではありませんでしたが、失礼ながら就業先の女性陣はほとんど胸のない方ばっかりだったので、普通サイズの私でも大きく感じたのかもしれません。

話は胸のカップの話だけに留まらず、パンツがどうのこうのと下品さが増してきたため、派遣会社の営業さんに相談をしました。

派遣会社から勤務先に連絡が行き、そのセクハラ男性に話を聞いたんですが本人はそんなこと言っていないとシラを切り通されました。

結局、私が派遣社員であるという理由から、契約を途中終了され退職させられることになりました。

例え本当にセクハラがあったとしても派遣社員という立場にある人間は我慢しないといけないんだと実感しました。