みんなのセクハラ事例

セクハラ事例紹介サイト

社長と社長の息子の二人がセクハラをしてきました

私の以前の会社はセクハラがまかり通っている職場でした。

いつも社長と社長の息子の二人がセクハラをしてきました。

 

社長には奥さんがいるにもかからわず、階段を上げるときに「お前、ええけつしてるな」とお尻を触られたり。「おっぱい触らせろや」と胸を触られたりしました。

いきなりのことなので、抵抗することもできず、社長なのでいやともいえず、無抵抗のままでした。

女性が多い職場だったので、新入社員からベテラン社員にかかわらず大抵の女性社員ははそのようなセクハラ行為を受けていました。その件に関して、社長が立場的に偉いので、訴えたり、辞めてくださいといえる人は誰もいない状況です。

 

社長以外に男性上司が何人かいたのですが、上司もそれをみてもみてみぬふりで、助けてくれることはありませんでした。

社長が何をしても誰も何もいえないそういう状況でしたので、セクハラをされてもされるままという状況です。

社長のいないところでは、女子同志、触られるんですという話をして「最低な上司やな」ということを話はしますが、皆陰でしか言えません。

 

さらに、ひどいのは、その社長息子です。社長は、触るのは触るですが、ねちっこいのではなく、軽く触ってくる感じなんですが、息子のほうはまた違うタイプのセクハラでした。

 

ホテルに行こうといってきたり、悩んでいるときに相談事をしていたら、慰めようとして抱き付いてこようとしました。

 

そんな慰め方は必要ではないのに、過剰なボディタッチです。

同じように何人かの女子社員は、息子に相談事をして、そのまま手を出されていますが、上司ということで、その関係を崩したくないという理由から、不倫のような関係に陥ってしまった被害者もいました。

 

親は親でセクハラ、その子もセクハラをする職場でどうしようもありませんし、いっそうこれが事件にならない限り改善しないのかと思います。

息子は2代目社長なのでセクハラを止めることはできず、それが嫌ならこちらが退職するしかありません。

 

セクハラをされると、それが当たり前のような感覚になってしまうのですが、されたことを社外の人に話すとセクハラだから労働基準監督署に訴えて慰謝料をもらったほうが良いといわれます。

渦中にいると、判断が難しいのと、我慢しないと会社でやっていけないという現実で、セクハラ問題を解決するのは本当に難しいと感じました。