読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのセクハラ事例

セクハラ事例紹介サイト

恋人との肉体関係について聞かれる等 職場で堂々とセクハラ発言をされる

セクハラ発言

女性(年配)パートが多い職場でした。

男性は必然的に少ない情況です。(不倫も横行していたようです)

 

【具体的なセクハラ】

 

・恋人との肉体関係について聞かれる(仕事中)

・処女かどうかを聞いてくる。

・携帯メールアドレス(プライベート)を教えるよう強要する。

・携帯電話に休日でもかけてくる。(仕事で聞きたいことが、という理由で頻繁に)

 

不安になって、女性のパートさんにも聞いてみましたが、誰にでもやっているようでした。

「冗談でもイヤなので、やめて下さい」と、はっきり本人に言いました。

皆さんのいる場所でも、上司にも相談して注意してもらいました。

 

それでも改善されませんでした。

 

それどころか、拒否することに対しておもしろくなかったのか、逆に私を詰るようになりました。

 

「優しくないなあ」

「結婚できないよ」

「愛人にしてあげるよ」(この男性は既婚者です)

 

しょっちゅうこんなことを言い出すのです。

仕事の関係上、転勤という形で離れることができたのですが、問題はここからでした。

 

突然電話がかかってきました。

最初は仕事で聞きたいことがあるのかな、と思い会話を続けていたのですが、どうやら雰囲気が違います。

 

「明日私用で、君の住んでいるところの近くに行くんだ。ホテルを予約してくれない?」

「……どういう意味ですか?」

「いいところを知ってるでしょう? 予約しておいて欲しいんだ」

「もう部署も職場も違うのに、どうして私がそんなことしなくちゃいけないんですか?」

「ボクと君の仲でしょう。一緒にお酒でも飲もうよ」

「順番が可笑しいですよね、お酒を飲むにしてもどうしてホテル予約を私にさせるんですか?」

 

あまりにも酷い発言に、その日から着信拒否をすることにしました。

正式に本部に報告書も提出しました。(店長からの忠告では、改善されなかったからです)

解雇されていない現状を鑑みるに、今でも女性に対してセクハラは続けられていると思います。

 

以上が私のセクハラ体験です。