読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのセクハラ事例

セクハラ事例紹介サイト

60代のおじさんが私の体にべったりと自分の体を押し付けてきました

胸・お尻を触られる

結婚して初めて勤めたパート先で受付事務をしていました。普段の事務所は私と若い職員さんと年配の上司の方と三人といった感じでした。

仕事の合間に他愛もない話をしたりして平日はとても和やかで、居心地がいい職場でした。ただ月に数回土日の勤務があって、その時は事務所は私一人なんですが、土日のみ働いてらっしゃる60代位のおじさんがいます。ですからその日一日は二人っきりという状態でしたが、当初その方はとても感じが良く私が忙しい時はコーヒーやお茶を入れてくれたり誰に対してもわけ隔てなく優しい方でした。

勤めて数か月は何もなかったんですが、ある時女性の50代の先輩の方から二人の時は気をつけた方がいいよって忠告をされたんですが、これまでそういう怪しい素振りがなかったので私は大丈夫ですよと言っていました。ただやはりそういう話を耳にすると、こちらも今までとは違い変に意識してしまって、これまで時々肩をもんでもらったりしてたんですが、軽率だったかなと思いその日から断るようになりました。

 

そしてそれから数週間後の土曜日のお昼休みに、お茶を入れていたら突然その人が私の真後ろに立っていました。最初は明るくあら、何ですかと言ったんですが、最近、自分を避けてるみたいやからと前のように肩をもんであげると言われ、何かその時のその人の顔が怖く感じたので思わず、じゃあお願いしますと言ってしまいました。

 

以前何げにもんでもらう時は大体デスクの椅子に座って、テレビを見ながらそのおじさんの家族や孫の話を聞いてたんですが、その日はキッチン台の所でいいと言って私は立ったまま背後から肩をもんでもらいました。言葉もなかったので何かこれはマズイと思って1分位のとこでもう大丈夫ですと言ってみましたが、返事がなく肩をもみながら私の体にべったりと自分の体を押し付けてきました。

 

私はキッチン台とその人に挟まれた状態で肩を揉まれ、そのまま胸にまで手が伸びてきたので勇気を振り絞ってやめて下さいとはっきり言いました。少し手は止まりましたがそのまましばらく遊ばれて、電話が鳴ったのでその場を急いで離れました。

 

結局、上司に報告して彼にはきちんと謝ってもらいましたが、気持ち悪かったのでその職場を辞めました。